40代のメンズファッション

大人の男性ファッションについて考えるメディア

婚活サイトの料金設定の違い・仕組みを徹底解明!ネット婚活のからくり

      2016/08/14

5bfd85e360397743b4cb34bc8710db8f_s

婚活サイトの仕組みを徹底解明!

楽天オーネット、ゼクシィ縁結び、マイナビ婚活、エン婚活など

有名企業が婚活業界に次々に参入しています。

なぜ婚活サイトが増えたのか?サイトによる料金設定の差はなぜ発生しているのか?

企業はなぜ婚活市場に参入するのか?

ネット婚活、婚活サイト・ネット婚活の仕組み、ビジネス構造を解明します。

 

今回の記事の意図

婚活サイトはどのように儲かっているのか?なぜ料金設定に違いがあるのか?を解明していきます。

ネット婚活や婚活サイト、婚活パーティーなど、婚活にまつわるビジネスも増え始めサクラや高額会費を請求する業者もあったり、まだまだグレーである業界であることも事実。

婚活サイトの料金設定の違いを徹底解明!

 

婚活サイトは基本的に有料

婚活サイトも出会い系サイトも、登録、プロフィールを作成、気になる異性を検索してアプローチ、相手があなたを気に入ればやり取りを開始するという共通点はあります。

しかし、出会い系サイトには『サクラ』と呼ばれる人を雇い、異性に成りすましあたかも出会いを探しているようなやり取りを行う業者も多数存在してなかなか出会えないことも多いです。

また、出会い系サイトで本気で結婚相手を探している人は少ないでしょう。

それに比べ、婚活サイトは登録の敷居が出会い系サイトに比べて高いものがほとんどで、同じ出会いを探すサイトといえど全く種類が違います。

婚活サイトが有料が多い理由の一つに、ひやかしでの登録を避けたい狙いがあります。

出会い系サイトは、無料の登録をし、やり取りの段階で料金が発生するものが多いので登録自体の敷居はとても低いです。

そのため、勧誘目的の女性が存在するなど婚活サイトを使ってビジネスに利用されたりすることもしばしば・・・

だからこそ、婚活サイトは入会費や月会費有料に設定し確実に存在する、そして婚活を目的として利用する人を確実に集めているのです。

婚活サイトを利用する人はどんな人?

・女性で婚活サイトを利用する人

大学を卒業した後にバリバリでキャリアウーマンとしては働いていた女性が、30代を過ぎてから結婚、出産に焦りを感じて入会するケースが多いようです。

そのため、女性会員の年齢は30代前半から急激に数が増え、30代後半がピークになっているサイトが多い。

将来への不安や子供が欲しい、周囲が結婚していくなどの不安から入会に踏み出すようです。

男性には、今までの生活レベルを落とさない暮らしを求めている傾向があります。

そのため、学歴はなくても、収入があれば問題ないと考える女性も多いようです。

女性では、恋愛経験が乏しい方が、相手にゆだねることができるのですぐに成婚になることが多い!らしい。

・男性で婚活サイトを利用する人

男性は女性に比べると高年齢でも入会している人が多く、子供が欲しいと願う人は若い女性を探している傾向にあります。

また、男性は女性に比べて外見を重視する人が多いようです。

 

男女とも効率よく結婚相手を探す目的で入会している方が多いです。

 

なぜ料金設定の違いがあるのか?

サイト名 初期費用 月額料金 特徴
楽天オーネット
106,000円 13,900円 ・楽天が運営
・初期段階でのフォローが手厚い
・成婚料無料
楽天オーネット スーペリア
30,000円 10,000円 ・楽天が運営
・女性45歳、男性50歳以上が入会基準
エン婚活
9,800円 11,800円 ・転職サイト大手エンが運営
youbride
0円 3,980円 ・大手のミクシィグループが運営
・メッセージ送付前まで無料会員で利用可能
pairs
0円 2,980円 ・Facebookのデータを活用
・女性は無料で利用可能

大手の婚活サイトの初期費用・月額料金を表にしてみると、かなり価格差がありますね

婚活サイトもかなりの数になっていますので、種類別に大手5サイトを比較しています。

種類別というのは、この5サイトって利用する年齢層やユーザーの意気込みやサービス内容が全然違うんです。

まず、楽天オーネットは初期費用が10万6000円で入会の敷居がかなり高いサイトです。理由は、婚活を始めるまでの準備段階でかなり手が込んでいるから。

楽天オーネットの準備段階とは、①提携するフォトスタジオで、カメラマンによる写真撮影⇒②プロフィール情報とともに写真検索に登録⇒③プロフィールをWEBと会員誌に3ヵ月間掲載

ここまで行ってさあ婚活スタート!となるわけです。

※詳しく知りたい方は楽天オーネット公式HPで

更に楽天オーネットスーペリアは、中高年・シニア層に限定したサイト展開をしています。

エン婚活も、事前登録や審査が厳しく、登録に独身証明書や学歴証明書が必要だったり、本気の婚活サイトですが後発ということもあり価格はとてもリーズナブルです。

ここまでが事前審査の厳しいサイト。

youbride(ユーブライド)は、ミクシィが運営してます。楽天やエン婚活に比べて、年齢確認のみで登録も出来るので婚活サイトとしての敷居は低いです。

pairsも同様にfacebookに連動するのみなのと女性が無料なので敷居はとても低いと言えそうです。

また、youbride(ユーブライド)やpairsは、事前審査が厳しくなく会員を募りやすいところから会員数も多く料金設定も低めです。

 

婚活サイトは、本気度の高いユーザーを集めるサイトが料金設定が高く、登録が敷居が低く、意識の高いユーザーから低いユーザーまで点在するサイトは料金が低めに設定されています!

 

>>NEXT:次回、婚活サイトは儲かるの?書かせていただきます。宜しければまた読んでみて下さいね!

 

続きの記事をUPしました!

>>婚活サイト運営は儲かるの?!婚活サイトの仕組み・ビジネスモデル

 

 

 

 

 

 - 婚活